抜け駆け非常口→

nukegakeでgarakutaなmemorial

1/31

01

 

ニットニットしているニットを着てみたところ、痒みで肌が爆発しました。いかに人は痒みに無力かということが、それこそ肌身に染みたわけです。

 

 

02

 

実は明日が修論の本審査で、昨日に引き続き予行という形で発表予定の某をチェックしてもらいました。今回は有能後輩と有能パイセンにも見てもらうことで炎上バグ(前エントリ参照)の発生に期待が高まります。

 

大量の修正はあれど、燃えませんでした。明日はバグ無しで挑みます。

よく考えれば炎上しないに越したことは無いですね。誰ですか、こんなバグを持て囃したのは。

 

ただ個人的に、初めてインデントのミス(=デザインについて)を指摘されました。おしまいです。Ikdくんのスライドにケチをつけられません。これはもう、Icmrくんを殴るほかありませんね。

 

ちなみに真っ先に出た指摘は「喋るの早い」でした。研究者を前にマシンガントークは不評です。ショットガントークを心掛けていこうと思います。

そうですね、例えば福山雅治のような喋り方なんてどうでしょう。発表時間的にも教授陣が疲れてくる頃なので、魅惑の低音ボイスで癒す効果、まさしくリラクゼーションプレゼン! これはもうacceptですね。学位は目の前です!

 

 

 

ニットを着るより痒そうですね。いつもの陰キャボイスでゆっくり喋ることにします。