抜け駆け非常口→

nukegakeでgarakutaなmemorial

2/1

01

 

修論発表がおわりました。ありがとうございます、ありがとうございます。

想定外にウケが良く、ふんだんに用意した防火対策も杞憂と化して、終始ボクの研の将来性について語ってくれました(向こうが)。

「え〜この研究将来性かなりあるのに社会人にいくの? 勿体なくない??」とのお言葉まで頂きました。騙されません。その“道”はボクの将来性がありません。ボクはお金を貰って研をするのです。

 

発表は色々な都合上、個別非公開という形をとるので他の方の様子はわかりませんが、前にやっていた人はえらく燃えてしまったようです。南無。

まあ恐らく有能顔をしていたので全く問題ないのでしょう。逆にボクみたいな無能顔だからこそ、ハードルが下がって燃えなかったのかもしれませんね。ガッカリです。

 

明日からは修の研のお墓をたてたいと思います。

ゴミ屋敷と化したソースコードには、「爆発の危険あり 触るな」とでも遺言をしたためておくことにします。

 

終わった達成感でスキップしていたら東京駅でサラリーマンに2度ほどタックルされました。機嫌が良いので許します。ついでに小躍りもしていたので逆方向の電車に乗りました。やはり機嫌が良いので許します。Icmr君は殴ります。ボクは正義の味方なので、達成感よりも正義感が勝りました。