抜け駆け非常口→

nukegakeでgarakutaなmemorial

2/6

01

 

研について、

「折角だからキリの良いところまでやろう」

 

ちょっと足したところが裏目に出ました。Icmr君を殴る以外にどうしろと言うのでしょうか。

とはいえ、そこまでキツいレベルを要求されているわけではないので、のほほんと進めていこうと思います。

まあもう学位は貰えると思うので、もし本当に何も手が付かない状況になったら「背中が爆発して1ヶ月半ほど動けない」というロールプレイでもすれば良いのです。さらに言えば、爆発した結果として家の回線が全て潰れてしまったことにしましょう。完璧な工作です、シャーロック・ホームズもびっくりですね。

 

研打ち合わせ終わりにそそくさと大学の図書館へ出向き、本を数冊借りました。読書メモでも残せば賢いブログに見えますかね? 知識の宝物庫としてアクセス数を稼ぎ、広告収入で食っていくのも悪くないかも知れません。

しかし背中に軟膏を塗るだけでも手間取る非モテが管理人では、うまい棒2本が関の山でしょう。世間はそう甘くないのです。